第30回 日本精神科救急学会学術総会ルポ
国立精神・神経医療研究センター 石井香織
●他の人のルポ  梶浦裕治さん  福間文さん
 この度、第30回日本精神科救急学会学術総会に参加させていただきました。埼玉県浦和での対面開催+後日WEBオンデマンド配信のハイブリッド形式となっており、私は9月30日と10月1日と両日現地で参加させていただきました。私自身、精神科救急学会の学術総会への参加は今回が初めてであり、現地での参加も久しぶりであったため緊張していました。しかし、実際に現地において学会らしい雰囲気に触れ、オンラインではなかなか難しいリアルな意見交換を目の当たりにして、現地で参加できたことを嬉しく思いました。また、普段救急病棟ではない精神科病棟に勤務しているため、本学会の参加は多くの学びを得ることができました。

現地での2日間は、薬物治療に関係する内容を中心にシンポジウムやポスターを拝聴・拝見しました。精神科救急医療ガイドライン2022年度版では焦燥・興奮に対する薬物療法として注射剤以外にも口腔内崩壊錠、舌下錠、内用液、貼付剤などの様々な剤形が選択肢として追加になっておりました。ポスター発表などにおいても、貼付剤が注射薬と同等に精神症状の改善させる可能性があり身体的・心理的な負担を軽減させるため救急現場においても選択肢の一つになることや、舌下錠が有効であった症例報告などがありました。実際の現場においても新しい剤形が有用であることが分かりました。薬剤師として、救急現場における薬物の選択として薬理学的観点に加えて、患者の身体状況を鑑み薬物動体学的観点からも患者それぞれの薬物療法の支援をするべきだと改めて実感しました。
また、各施設での抗精神病薬の単剤化率や第二世代抗精神病薬の使用率、睡眠薬の使用状況などの変化を拝見させていただき、精神科の薬物治療が大きく変化してきていることが実際の数字からもみて取れました。エビデンスが少ない精神科領域だからこそ情報を発信しエビデンスを積み重ねていくことが、薬物治療を含め今後の精神科医療の未来に繋がるのだろうと思いました。
 その他、多職種による連携や取り組みについての発表もありました。今年度より精神科急性期病棟配置加算1の中にクロザピン導入が年間6例以上必要になったり患者の長期予後を考慮し早期より持効性注射剤の導入が推奨されていたりと日々変化のある精神科救急の現場において、薬剤師ももっと多職種連携に参画していけたらと感じました。

さて私は、「近年における市販薬乱用の実態と市販薬の相互作用について 」というタイトルでポスター発表をさせていただきました。どのような反応をいただくのかとても心配でしたが、多方面から貴重な御意見を頂けたことに感謝申しあげます。

 今回の参加により、薬物治療に関係なく精神科救急医療の現状を知ることができました。一方、聴くことのできなかった演題は、この学会形式のメリットでもあるオンデマンド配信の方で勉強させていただこうと思います。最後になりましたが、第30回総会の企画運営を担当してくださった皆様に、未熟な身であるにも関わらずこのような体験記を書かせていただく貴重な機会をいただいたことに、深く感謝いたします。本学会の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com