第30回 日本精神科救急学会学術総会ルポ
防衛医科大学校病院 精神科 福間 文(ふくま ぶん)
●他の人のルポ  梶浦裕治さん  石井香織さん
 2022年9月30日~10月1日の間に埼玉県さいたま市で開催された、第30回日本精神科救急学会学術総会に参加させて頂きました。私自身は、ポスターセッションでの演題発表と、Psychiatric Evaluation in Emergency Care(PEEC)コースへの参加をいたしましたのでご報告いたします。

 私は防衛医科大学校病院で精神科専門研修2年目として勤務しております。私は卒後4年目に内科専攻医から転科した経緯があり、精神科の学会への参加は今回が初めてでした。内科と異なり、精神科の症例は検査値や病理所見、画像所見だけで全てを語ることができず、精神療法や環境調整の担う役割も大きく、それらをいかにポスター発表という形で表現すればよいのか、非常に苦労いたしました。私の拙い発表に対して、ご清聴いただいた先生方、ご質問いただいた座長の先生に心から感謝申し上げます。
 会場ではさまざまな分野の発表を拝聴し、教科書の記載にはない現場での苦労や、最先端の研究を肌に感じることができ、大変有意義な2日間となりました。

 PEECは救急医療に従事するものが標準的な精神科初期評価を学ぶためのコースです。具体的には、過換気症候群、統合失調症の精神運動興奮状態、境界性パーソナリティ障害患者の自殺未遂、薬物依存症のそれぞれの症例に対して、救急外来における対応や、患者への疾病教育、家族対応、法的対応等、実践に即した内容をディスカッション形式で学びます。精神科医師としてはいずれも当然の知識として身につけているべきものではありますが、本コースには、救急部や精神科の研修医、看護師、救急隊員等様々な立場の方々が集まり、それぞれの視点から知識や見解を共有していただけたことで非常に意義深いものとなりました。PEECを通して、我々若手精神科医師にとっては知識の定着、救急部の医師や看護師には精神科疾患合併患者へのスティグマの軽減と適切な初期対応の理解、そして救急隊員には救急要請から外来までの円滑な橋渡しが実現されるものと考えます。今後もPEECが様々な場所で繰り返し開催され、診療科や職種の境を超えた、より円滑な医療連携が実践されることを切に願います。   

 精神科と救急部の連携に関して、当院での試みをご紹介したいと思います。当院精神科には常時、救急リエゾンチームが組織されており、救急部との連携を担当しています。チームはスタッフ2名と専門研修医2名から構成され、通常業務と兼任する形で交代制で担当します。業務としては、当院の救急外来に搬送される患者の情報を院着前から共有し、精神疾患の合併が疑われる場合には速やかに介入を開始できるように努める他、入院中のリエゾン対応、身体状況改善後の環境調整を行います。当院にはPSWが不在のため、転院調整や、社会福祉の導入、行政への橋渡しも原則医師が行います。また意識障害やてんかんを疑う患者には、医師が速やかに脳波を記録し、評価を行います。さらに週に1度は救急部と精神科で合同カンファレンスを開催し、併診患者に関して多職種で協議をします。これらの試みは、搬送直後からの精神科介入が重要な多くの症例において、特に有効に機能していると考えています。私は精神科としての勤務経験も浅いため、今後も本学会やPEECに繰り返し参加していく中で、他院での精神科と救急部の連携に関する工夫や試みを勉強させていただくことを期待しています。

 最後になりましたが、第30回日本精神科救急学会学術総会の企画運営を担当してくださった皆様に深く感謝いたしますとともに、本学会の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com