●コロナが治り、退院許可が出たが
これまでいくつかの精神科病院で、新型コロナウィルスのクラスターが発生し、ひとつの病院で職員患者数十人が感染したと報じられている。
幸いおおぐま病院では、これまで入院患者で新型コロナウィルス感染が判明した人はまだいない。
それだけに、感染しているおそれのある患者を水際で食い止めようと職員は必死で対応している。
そんな中、一人の女性患者の診察を近くの下柳総合病院から依頼された。
1か月前に37度の微熱と味覚の低下を自覚したため近くの内科に行き、PCR検査を受けたところ新型コロナウィルス陽性が判明し、幸い入院できたのだが、他の家族は皆陰性であり、10日ほどで症状もなくなって、検査でも陰性となったため、退院許可が出たのだが、不安が強いために退院を拒否しているのだという。

「え~、ホントにもう感染する可能性はないんですか?もし万が一、先生が感染しちゃったらどうするんですか?」依頼を受けた精神保健福祉相談員の太田は不安そうに言った。
「もちろんPCR検査での陰性は絶対ではないけど、すでに感染の危険はかなり低いはずだよ。それに不安だから、といつまでもコロナ用のベッドにいられたら、次に入院が必要な患者さんが入院できないのだから、何とか退院してもらわないと。不幸にして感染した人には心のケアも必要なのに、そこまで手が回らないんだろうから、そこをしっかりやるのは精神科の仕事だよ」
杉岡は諭すように太田に説明し、「診察の時はちゃんと防護服を着るから心配しないで」と言って下柳総合病院に向かった。
●もし祖母に感染させたらと思うと退院できない・・・と
「家には90歳になるおばあちゃんがいるし、私が退院して、もし感染させてしまったら、と思うと怖くて退院できないんです」
木崎紀子という32歳になる女性は涙を流しながら絞り出すように杉岡に話した。
「確かに絶対に大丈夫とは言えませんが、生活時間帯をずらして直接接触しないようにすることで、その危険はかなり減らせるはずですよ、と何度もお話ししているのですが・・」
感染症担当の岡田医師も困ったように杉岡に説明する。
「入院してから睡眠や食事は取れていますか?」杉岡が尋ねた。
「最初は入院できた安心感で眠れたんですけど、しばらくしてからは、これからどうなるのか、家族に感染させたんじゃないかと考えてばかりで、なかなか寝つけなかったり、夜中に目が覚めて眠れなかったり・・一昨日くらいからは食事も朝はほとんど食べられませんし、昼と夕食も二口か三口しか入りません。残してしまうのは申し訳ないので、お食事は出さないでくださいと一度お願いしたのですが、免疫力をつけるためにしっかり食べなきゃだめよ、と看護婦さんに叱られてしまって・・私なんかのために大事なベッドを使うべきじゃないのはわかっているんですが、もしおばあちゃんになにかあったら・・私がいなくなってしまえば解決するんですよね・・」と木崎は涙ぐむ。
「木崎さん、あなたは今うつの状態、うつ病と思います。あなたのような真面目な方がなりやすい病気です。すぐ家に帰るのが心配であれば、私の病院に移って少し落ち着いてからにしてはいかがですか?他の患者さんにうつすのが心配であれば、ちゃんと個室を用意しますので、不安が収まるまで療養しましょう」杉岡はゆっくりと説得し、木崎は「わかりました・・」とうなずいた。

杉岡は一旦おおぐま病院に戻り、翌日に入院できるよう病室の手配を整え、下柳総合病院の岡田医師に連絡した。
「先生、本当に感染の危険はないんですか?」相談員の太田が念を押すように杉岡に尋ねた。
「下柳の岡田先生が心配ない、というのを信じるしかないよ。もちろんこれまで通りの感染対策は必要だけどね。不安だからと我々が逃げていたら、誰が患者さんをケアするんだい?これからも新型コロナがいることを前提に診療をしていくしかないんだよ」
杉岡は自分に言い聞かせるように言った。
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com
●学会概要・定款・選挙規定等
学会の概要
定款・選出規定・役員・社員・選挙告示
ウェブサイト運用規約
●入会案内・事務局
入会申し込みのご案内
事務局
●事業資料集(決算・予算) 
事業資料集(決算・予算)
●学会誌投稿関連(申込用紙等)
投稿規定ダウンロード
申込書ダウンロード
※投稿規定を必ずお読みください
自己申告による C O I 報告書
 
●研究助成制度(申請用紙等)
日本精神科救急学会研究助成制度
●総会
第5回総会(設立総会)
第6回総会(岩手県盛岡市)
第7回総会(福岡県春日市)
第8回総会(東京都千代田区)
第9回総会(神奈川県横浜市)
第10回総会(大阪府豊中市)
第11回総会(千葉県千葉市)
第12回総会(岡山県岡山市)
第13回総会(静岡県浜松市)
第14回総会(広島県広島市)
第15回総会(埼玉県さいたま市)
第16回総会(京都府京都市)
第17回総会(山形県山形市)
第18回総会(大阪府大阪市)
第19回総会(宮崎県宮崎市)
第20回総会(奈良県奈良市)
第21回総会(東京都千代田区)
第22回総会(北海道旭川市)
第23回総会(愛知県名古屋市)
第24回総会(福岡県久留米市)
第25回総会(石川県金沢市)
第26回総会(沖縄県那覇市)
第27回総会(宮城県仙台市)
第28回総会(高知県高知市 Web開催)
●学会賞
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
●プロジェクト・提言
精神科救急の定義についての提案
神経性無食欲症(AN)治療の標準化
障害者自立支援調査研究-平成19年度
障害者自立支援調査研究-平成20年度
精神科入院医療の質的向上を
図るための提言
受診前相談研修
●教育研修会
平成25年度第一回 in 福岡(久留米)
平成26年度第一回 in 大阪
平成27年度第一回 in 沖縄
平成28年度第一回 in 金沢
平成29年度第一回 in 高知
平成29年度第二回 in 金沢
令和元年度第一回 in 愛知
●研修会・シンポジウム
東日本大震災長期支援のための国際・・・
第6回自殺未遂者ケア研修
●学会誌・教育研修会テキスト・DVD販売
学会誌の目次(在庫分のみ)
教育研修会テキスト、DVD販売
書評
●精神科救急ガイドライン2015
精神科救急ガイドライン2015
●精神科救急入院料認可施設
2013年7月現在
2014年1月現在
2014年5月現在
2014年6月現在
2014年10月現在
2015年11月現在
  2016年9月現在
●精神科救急の現場から
第1話 気分はとってもハイ
第2話 母親とともに引きこもって
第3話 性的な内容を含む被害妄想
第4話 クリスマスの夜に
第5話 アメリカから恋人を追って
第6話 路上で騒いでいると110番
第7話 治療を中断し海外へ逃亡
第8話 日本に働きにきて
第9話 幻聴に惑わされ岩に激突
第10話 嫌だ! もう嫌だ
第11話 覚せい剤に手を出して
第12話 家出して警察官の優しさに
第13話 心のケアはどうしたの?
第14話 誘拐事件発生?
第15話 直接被害は受けなかったものの
第16話 父親からの性的暴行の果てに
第17話 身元不明の認知症患者さんが
第18話 中学校で男子生徒がカッターナイフ
第19話 太ったねと言われ拒食症に
第20話 コロナが怖いと通院を通院を中断
第21話 コロナ感染が判明して