●通院中の患者さんが「コロナが怖い」と通院拒否に
2020年春からの、新型コロナウィルスの感染拡大は、おおぐま病院も大きな問題であり、厳重な対策がとられ続けている。
病院の玄関には外来患者さんと家族に検温と消毒をしてもらうため、職員が交代で対応し、発熱が疑われる人には駐車場に設けたプレハブで待機してもらっている。
これまで職員同士の交流の場でもあった食堂では食事中の会話は禁止され、また飲み会や外食も禁じられるなど、それまでの生活は一変してしまった。
同僚とカラオケに行くのが大好きだった看護師の赤城などは、たまったストレスを晴らすことができず、ついついスーパーで食品を買いすぎてしまう、と患者さんにまで愚痴ってしまっている。

通院患者の中には、週に一度訪問看護を行いながら、月に一度通院していた大林徹さんという60代の男性がいた。
さらにホームヘルパーが週に2回訪れて、三日分の食事を作って冷蔵庫に保管し、大林はそれを電子レンジで温めて食べているのである。
ところが最近になって大林は「コロナが怖い」と看護師やヘルパーが訪問してもドアを開けてくれなくなった。
何とかドア越しのやり取りだけはできていたが、通院のため病院に来ることもなくなった。
このため訪問看護の際に薬を届けてもらうことにし、ドア越しに会話をして玄関前に薬袋を置いてくることを続けていた。
ところがある訪問時に、前回の薬袋がそのまま放置されていたのである。
訪問看護師の井上はドアをノックして、「大林さん、どうして薬をそのままにしてあるの?飲まないと具合が悪くなりますから、どうか薬を中に入れて、今まで通り飲んでくださいね」と声を掛けたが、中にいた大林は「薬や袋にコロナのウィルスがくっついていたら感染するじゃないですか!テレビで見たんですよ!絶対くっついてないっていう保証はあるんですか!」と大林はやや興奮しながら答える。
「大林さん、お食事はしてるんですか?」井上が尋ねるが、返答はない。
「大林さん、お顔を見せてくださいよ。ちゃんとご飯食べてるのか心配なんですよ」
「コロナが怖くて食べられない・・」今度は弱々しい声で大林が答えたが、ドアが開けられることはなかった。
●自宅を訪問しても応答がなく、警察官を伴って部屋の中へ入ると
「これは困ったことになったぞ」大林の主治医の杉岡は頭を抱えた。
「明日また訪問して、もし応答が無かったら、アパートの管理会社と警察を呼んで、無理やりにでも入るしかない」杉岡は意を決して井上に告げ、保健所の精神保健担当にも連絡するよう精神保健福祉相談員の太田に伝えたが、保健所はコロナの対応でなかなか電話がつながらず、やっとつながっても「コロナ対応で忙しく、その件には対応できません」と言われてしまった。
警察署と管理会社には事情を伝え、明日の状況によっては臨場してくれることを確認した。

そして翌日、杉岡は井上とともに大林の部屋を訪れた。ドアをノックし「大林さん、おおぐま病院の医師の杉岡です」と声をかけた。
しかし「やめてください!コロナを持ち込まないで!殺される・・」と大林は弱々しいながらも拒絶し続けるため、杉岡は警察と管理会社に連絡し、合鍵を使って部屋に入った。
「やめてくれ、コロナが移る!」大林は立ち上がろうとするが、身体は痩せこけていて足にも力が入らずフラフラしている。ずっと風呂にも入っていないようで、身体からは悪臭も漂っている。
「大林さん、その身体じゃコロナにかからなくても死んでしまいますよ。いますぐ入院しましょう!」杉岡は大林の身体を支えながら外に連れ出し、病院に着くと体温と血圧を測り、すぐに栄養剤入りの点滴を始めた。大林には身寄りがないため、区役所に連絡して区長同意による医療保護入院の手続きをした。

「大林さん、危ないところでしたね。さすが杉岡先生!」看護師の赤城は杉岡の判断に感銘した。
「大林さんの場合には、テレビでその情報ばかり見て、薬も飲まなくなったら思考のバランスが崩れてしまってこうなるんじゃないかと心配した通りだったよ。コロナを全く警戒せずに遊び歩いている若い人もいるみたいだけど、こうやって『正しく恐れる』というのができない人もいるんだよね」
杉岡は赤城に説明したあと、「でも本当にコロナが収まってくれないと、大林さんは退院してからがまた大変だ・・」とつぶやいた。
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com
●学会概要・定款・選挙規定等
学会の概要
定款・選出規定・役員・社員・選挙告示
ウェブサイト運用規約
●入会案内・事務局
入会申し込みのご案内
事務局
●事業資料集(決算・予算) 
事業資料集(決算・予算)
●学会誌投稿関連(申込用紙等)
投稿規定ダウンロード
申込書ダウンロード
※投稿規定を必ずお読みください
自己申告による C O I 報告書
 
●研究助成制度(申請用紙等)
日本精神科救急学会研究助成制度
●総会
第5回総会(設立総会)
第6回総会(岩手県盛岡市)
第7回総会(福岡県春日市)
第8回総会(東京都千代田区)
第9回総会(神奈川県横浜市)
第10回総会(大阪府豊中市)
第11回総会(千葉県千葉市)
第12回総会(岡山県岡山市)
第13回総会(静岡県浜松市)
第14回総会(広島県広島市)
第15回総会(埼玉県さいたま市)
第16回総会(京都府京都市)
第17回総会(山形県山形市)
第18回総会(大阪府大阪市)
第19回総会(宮崎県宮崎市)
第20回総会(奈良県奈良市)
第21回総会(東京都千代田区)
第22回総会(北海道旭川市)
第23回総会(愛知県名古屋市)
第24回総会(福岡県久留米市)
第25回総会(石川県金沢市)
第26回総会(沖縄県那覇市)
第27回総会(宮城県仙台市)
第28回総会(高知県高知市 Web開催)
●学会賞
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
●プロジェクト・提言
精神科救急の定義についての提案
神経性無食欲症(AN)治療の標準化
障害者自立支援調査研究-平成19年度
障害者自立支援調査研究-平成20年度
精神科入院医療の質的向上を
図るための提言
受診前相談研修
●教育研修会
平成25年度第一回 in 福岡(久留米)
平成26年度第一回 in 大阪
平成27年度第一回 in 沖縄
平成28年度第一回 in 金沢
平成29年度第一回 in 高知
平成29年度第二回 in 金沢
令和元年度第一回 in 愛知
●研修会・シンポジウム
東日本大震災長期支援のための国際・・・
第6回自殺未遂者ケア研修
●学会誌・教育研修会テキスト・DVD販売
学会誌の目次(在庫分のみ)
教育研修会テキスト、DVD販売
書評
●精神科救急ガイドライン2015
精神科救急ガイドライン2015
●精神科救急入院料認可施設
2013年7月現在
2014年1月現在
2014年5月現在
2014年6月現在
2014年10月現在
2015年11月現在
  2016年9月現在
●精神科救急の現場から
第1話 気分はとってもハイ
第2話 母親とともに引きこもって
第3話 性的な内容を含む被害妄想
第4話 クリスマスの夜に
第5話 アメリカから恋人を追って
第6話 路上で騒いでいると110番
第7話 治療を中断し海外へ逃亡
第8話 日本に働きにきて
第9話 幻聴に惑わされ岩に激突
第10話 嫌だ! もう嫌だ
第11話 覚せい剤に手を出して
第12話 家出して警察官の優しさに
第13話 心のケアはどうしたの?
第14話 誘拐事件発生?
第15話 直接被害は受けなかったものの
第16話 父親からの性的暴行の果てに
第17話 身元不明の認知症患者さんが
第18話 中学校で男子生徒がカッターナイフ
第19話 太ったねと言われ拒食症に
第20話 コロナが怖いと通院を通院を中断
第21話 コロナ感染が判明して