第17回総会
2009年9月11~12日
基本テーマ:救急・急性期から地域へ
会場:山形テルサ
会長:大谷 浩一(山形大学医学部精神医学講座教授)

●シンポジウムI
「多職種による急性期リハビリテーション」
座長:香山 明美(宮城県立精神医療センター)
座長:長島 美奈(千葉県精神科医療センター)
1 「千葉県精神科医療センターデイホスピタルの経験から職種間の連携を考える」
シンポジスト:平賀 昭信(石黒爽風苑 作業療法士)
2 「単科精神科病院 急性期病棟の作業療法」
シンポジスト:野口 弘之(井之頭病院 作業療法士)
3 「地域における小規模作業所の経験より」
シンポジスト:川合 ひさ子(NPO法人花未来)
4 「精神科救急病棟における看護の展開」
シンポジスト:秋葉 晃子(二本松会山形さくら町病院 看護師)
5 「急性期リハビリテーションにおける臨床心理士の役割」
シンポジスト:大御 均(公徳会 佐藤病院 臨床心理士)
指定発言:谷口 宏(宮城県立精神医療センター 医師)

●シンポジウムII
「緊急措置診察を考える」
座長:横川 弘明(二本松会山形さくら町病院)
座長:籠本 孝雄(大阪府立精神医療センター)
1 「山形県の緊急措置診察の実態~夜間休日の措置診察を含めて」
シンポジスト:有海 清彦(山形県精神保健福祉センター)
2 「東京都における緊急措置診察」
シンポジスト:分島 徹(東京都立松沢病院)
3 「これからの精神科領域の救急体制について」
シンポジスト:平吹 正人(山形市消防本部)
4 「緊急措置入院の全国状況」
シンポジスト:平田 豊明(静岡県立こころの医療センター)
指定発言:厚生労働省<

●シンポジウムIII
「高齢化社会と精神科救急」
座長:御供 正明(公徳会 佐藤病院)
座長:川勝 忍(山形大学)
1 「認知症の周辺症状に対する急性期治療」
シンポジスト:北村 立(石川県立高松病院)
2 「高齢地域における精神科救急病棟の現状と今後の課題」
シンポジスト:我妻 友好(公徳会 佐藤病院)
3 「精神科医療と高齢者介護」
シンポジスト:五十嵐 元徳(蔵王地域包括支援センター)
4 「認知症高齢者のリハビリテーション」
シンポジスト:村井 千賀(石川県立高松病院)

●シンポジウムIV
「救急・急性期から地域へ」
座長:佐藤 忠宏(公徳会)
1 「病棟形態の変遷により変わったこと、変わらなかったこと」
シンポジスト:武吉 健児(公徳会 佐藤病院)
2 「救急・急性期診療と訪問看護」
シンポジスト:新川 恵美子(瀬野川病院)
3 「あさかホスピタルにおける地域支援の取り組み」
シンポジスト:安西 里実(NPO法人アイ・キャン)
4 「愛媛県南宇和郡愛南町におけるアウトリーチの実践」
シンポジスト:長野 敏宏(御荘病院)
コメンテーター:計見 一雄(公徳会 佐藤病院)
コメンテーター:佐久間 啓(あさかホスピタル)

●教育研修
「抗精神病薬の副作用対策と基礎知識を学ぶ」
座長:伊豫 雅臣(千葉大学大学院医学研究院 教授)
1 「精神科救急で注意すべき抗精神病薬の「身体副作用」」
講師:長嶺 敬彦(吉南病院 内科部長)
2 「アカシジアの臨床的特徴と対応」
講師:内藤 宏(藤田保健衛生大学医学部精神科 准教授)
3 「悪性症候群はどこまでわかっているのか」
講師:河西 千秋(横浜市立大学医学部精神医学 准教授)

●学会特別セミナー
「新しいガイドラインについて」
コーディネーター:平田 豊明(静岡県立こころの医療センター)
コーディネーター:杉山 直也(沼津中央病院)
座長:澤温(ほくとクリニック病院)
座長:平田豊明(静岡県立こころの医療センター)
1 「総論」
演者:平田 豊明(静岡県立こころの医療センター)
2 「自殺未遂者対応」
演者:大塚 耕太郎(岩手医科大学)
3 「激越・攻撃性(agitation)への対応・心理的介入」
演者:佐藤 雅美(東京武蔵野病院)
4 「興奮・激越・攻撃性への対応 行動制限の適正化」
演者:杉山 直也(沼津中央病院)
5 「激越・攻撃性対応の薬物療法および急性期薬物療法への展開」
演者:八田 耕太郎(順天堂大学)


●一般演題
1 看護I
座長:安藤 恵子(小原病院 日精看山形支部長)
2 看護II
座長:伏見 博之(大阪府立医療センター)
3 病棟運用
座長:小高 晃(宮城県立精神医療センター)
4 精神科救急医療システム
座長:川畑 俊貴(京都府立洛南病院)
5 法・制度I
座長:津久江 一郎(瀬野川病院)
6 法・制度II
座長:佐久間 啓(あさかホスピタル)
7 行動制限
座長:木下 修身(秋野病院)
8 救急受け入れ・情報センター I
座長:小原 正久(小原病院)
9 救急受け入れ・情報センターII
座長:平田豊明(静岡県立こころの医療センター)
10作業療法
座長:香山 明美(宮城県立精神医療センター)
11合併症・OBS
座長:沼倉 堅一(山形県立中央病院)
12自殺・暴力
座長:酒井 明夫(岩手医科大学)
13急性期治療I
座長:杉山 直也(沼津中央病院)
14急性期治療II
座長:吉田 邦夫(千歳篠田病院)
15地域連携・退院支援I
座長:千葉 潜 (青南病院)
16地域連携・退院支援 II
座長:河合 宏之(二本松会上山病院 精神保健福祉士協会山形県支部長)

●特別講演I
「児童思春期と危機介入に関して」
座長:森 則夫(浜松医科大学)
講師:斉藤 卓弥(日本医科大学)

●特別講演II
「患者に嘘をつくこと、騙すこと」
座長:長谷川 朝穂(公徳会 佐藤病院)
講師:春日 武彦(多摩中央病院)

●公開シンポジウム
「社会の危機・こころの危機」
座長:大谷 浩一(山形大学精神医学講座)
1 「不況下の労働とメンタルヘルス
シンポジスト:東谷 慶昭(東谷メンタルヘルス研究所)
2 「増加する自殺とその対策」
シンポジスト:大塚 耕太郎(岩手医科大学)
3 「危機介入と精神科救急」
シンポジスト:澤 温(ほくとクリニック病院 精神科救急学会理事長)
4 「県立病院の新たなる挑戦」
シンポジスト:灘岡 壽英(山形県立鶴岡病院)

●公開講演
「脳化社会の危機~田園と都市の往還を取り戻そう~」
座長:計見 一雄(公徳会 佐藤病院)
講師:養老 孟司(東京大学名誉教授)
ゲスト:池田 清彦(早稲田大学国際教養学部教授)