第10回総会
2002年10月31日(木)・11月1日(金)
基本テーマ 手をつなごう やさしい精神科救急へ
会場:大阪・千里阪急ホテル
会長:大阪医科大学神経精神医学教室教授 米田 博

1. 基本テーマ 手をつなごう やさしい精神科救急へ

2. 特別講演 New York City and Disaster Psychiatry:9/11 and Beyond
Mount Sinai School of Medicine Dr.Jack Hirschowitz

3. シンポジウム1
「ソフト救急(精神科一次・二次救急)の現状と展望」
・東京都の新しい精神科救急体制について  高橋 龍太郎(タカハシクリニック・東精診)
・「精神科夜間休日相談センターおかやま」の試みと課題  澤原光彦(川崎医科大学)
・山本 深雪(NPO大阪府精神医療人権センター)
・大学病院における精神科救急  堺 潤(大阪医科大学)
・大阪府の精神科救急医療システム-精神障害者24時間医療相談事業を中心に-
       野田 哲朗(大阪府健康福祉部精神保健福祉課)

4. シンポジウム2
「急性期治療の新たな展開」
・電気けいれん療法の安全性を高めるために  本橋 伸高(東京医科歯科大学)
・Risperidoneによる急性期統合失調症の治療
       小原 喜美夫(福岡県精神医療センター太宰府病院)
・精神科急性期治療におけるクリティカルパスの試み-病棟や病室の環境レベルおよび開放処遇のレベルと・・GAFスコアおよび病日との関係から-  澤 温(さわ病院)
・精神科救急における違法性薬物事例について
       小沼杏坪(医療法人瀬野川病院Konuma記念広島薬物依存研究所)
・「急性期・救急におけるクリティカルパス」  石川 孝之(千葉県精神科医療センター)

5. ワークショップ 災害・事件後の心的外傷への援助
・高良 昇(大阪府健康福祉部精神保健福祉課)
・元村 直靖(大阪教育大学)
・奥野 正景(三国ヶ丘病院)
・小出 保廣(堺保健所)
・堀河 昌子(大阪被害者支援アドボカシーセンター)

6. ランチョンセミナー 統合失調症急性期対応の変革  堤 祐一郎(永寿会恩方病院)

7. 一般演題(敬称略、共同演者は省略)
・広島県の精神科救急システム
       瀬野川病院 岡島 和夫
・精神科救急医療の2年間の成果と問題点
       栃木県立岡本台病院  平沢 俊行
・保健所精神保健福祉相談員による受診援助と精神科救急についての研究
       千葉県松戸保健所 長島 美奈
・島根県における精神科救急の実態
       島根県立中央病院精神神経科 百瀬 勇
・奈良県における精神科救急情報センターの稼働状況
       奈良県立医科大学精神医学教室 澤田 将幸
・横浜市における精神科救急医療の現状 ー大都市特例後6年間の実績ー
       横浜市衛生局精神保健福祉課  勝島 聡一郎
・北河内における精神科救急に関する一考察
   精神科救急を実践する上で救命センターの果たす役割とその可能性
       関西医科大学精神神経科学教室 織田 裕行
・大学病院における救急対応(特に自殺企図症例における治療アプローチの中心に)
       千葉大学医学部附属病院精神科神経科 渡辺 博幸
・救命救急センターに入院した自殺企図患者の傾向について
   -手段別にみた臨床的特徴と転帰に関する考察-
       横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 金井 晶子
・高次救急救命センターに搬入された過換気症候群患者について
       岩手医科大学神経精神科 中山  秀紀
・重症熱傷治療と精神科的治療を同時に必要とした焼身自殺企図の2例
       岩手医科大学神経精神科  及川  暁
・精神科病棟における高次機能障害
       東京武蔵野病院 金川英雄
・精神科急性期病棟における隔離解除の一指標
       石川県立高松病院 山本 守
・精神科治療における筋肉注射使用意識調査
       正仁会明石土山病院  大下 隆司
・大阪において精神科救急システムを受け入れている一民間病院における実態
       豊済会小曽根病院  法橋  明
・ 当院の救急車による往診・移送時の身体的被害の調査結果
       瀬野川病院 小沼 杏坪
・覚醒剤事例における司法との連携
       千葉県精神科医療センター 林 偉明
・精神科治療歴のない自殺企図症例について-救命救急センターとのかかわりを通じて-
       大阪医科大学神経精神医学教室 上村 直樹
・うつ病の遷延化により敗血症と肺静脈血栓塞栓症を引き起こした一症例
       国立熊本病院救急医療センター 橋本 聡
・抗パーキンソン病薬での治療中に幻覚妄想様の症状出現し有機リン剤服用の自殺企図に及んだ一症例
       国立熊本病院救急医療センター 松本 武士
・ 身体疾患を合併した精神障害患者への急性期医療の難しさ
       国立熊本病院救急医療センター 高橋 毅
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com
●学会概要・定款・選挙規定等
学会の概要
定款・選出規定・役員・社員・選挙告示
●入会案内・事務局
入会申し込みのご案内
事務局
●学会誌投稿関連(申込用紙等)
投稿規定ダウンロード
申込書ダウンロード
※投稿規定を必ずお読みください
自己申告による C O I 報告書
 
●研究助成制度(申請用紙等)
日本精神科救急学会研究助成制度
●総会
第5回総会(設立総会)
第6回総会(岩手県盛岡市)
第7回総会(福岡県春日市)
第8回総会(東京都千代田区)
第9回総会(神奈川県横浜市)
第10回総会(大阪府豊中市)
第11回総会(千葉県千葉市)
第12回総会(岡山県岡山市)
第13回総会(静岡県浜松市)
第14回総会(広島県広島市)
第15回総会(埼玉県さいたま市)
第16回総会(京都府京都市)
第17回総会(山形県山形市)
第18回総会(大阪府大阪市)
第19回総会(宮崎県宮崎市)
第20回総会(奈良県奈良市)
第21回総会(東京都千代田区)
第22回総会(北海道旭川市)
第23回総会(愛知県名古屋市)
第24回総会(福岡県久留米市)
第25回総会(石川県金沢市)
●学会賞
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
平成29年度
●プロジェクト・提言
精神科救急の定義についての提案
神経性無食欲症(AN)治療の標準化
障害者自立支援調査研究-平成19年度
障害者自立支援調査研究-平成20年度
精神科入院医療の質的向上を
図るための提言
受診前相談研修
●教育研修会
平成25年度第一回 in 福岡(久留米)
平成26年度第一回 in 大阪
平成27年度第一回 in 沖縄
平成28年度第一回 in 金沢
平成29年度第一回 in 高知
平成29年度第二回 in 金沢
●研修会・シンポジウム
東日本大震災長期支援のための国際・・・
第6回自殺未遂者ケア研修
●学会誌・教育研修会テキスト・DVD販売
学会誌の目次(在庫分のみ)
教育研修会テキスト、DVD販売
書評
●精神科救急ガイドライン2015
精神科救急ガイドライン2015
●精神科救急入院料認可施設
2013年7月現在
2014年1月現在
2014年5月現在
2014年6月現在
2014年10月現在
2015年11月現在
  2016年9月現在
●精神科救急の現場から
第1話 気分はとってもハイ
第2話 母親とともに引きこもって
第3話 性的な内容を含む被害妄想
第4話 クリスマスの夜に
第5話 アメリカから恋人を追って
第6話 路上で騒いでいると110番
第7話 治療を中断し海外へ逃亡
第8話 日本に働きにきて
第9話 幻聴に惑わされ岩に激突
第10話 嫌だ! もう嫌だ
第11話 覚せい剤に手を出して
第12話 家出して警察官の優しさに
第13話 心のケアはどうしたの?
第14話 誘拐事件発生?
第15話 直接被害は受けなかったものの
第16話 父親からの性的暴行の果てに
第17話 身元不明の認知症患者さんが
第18話 中学校で男子生徒がカッターナイフ
第19話 太ったねと言われ拒食症に