第9回総会
2001年11月1日(木)、2日(金)
メインテーマ:「精神科救急-20世紀の反省と将来像-」
会 長:小阪 憲司(横浜市立大学医学部精神医学教室教授)
会 場:横浜市教育文化ホール

●シンポジウム1
大都市における精神科救急のあるべき姿

札幌 横浜 名古屋 大阪 福岡
シンポジウム2欧米における精神科救急の国際動向
米国 英国 フランス カナダ

●特別講演1
ヨーロッパにおける精神科救急
Dr.H.H.P.Vergouwen(オランダ、President of the IAEP)

●特別講演2
アメリカの精神科救急における薬物療法
Dr.Peter L.Forster(アメリカ、Vice-President of the IAEP)

●会長講演
精神科救急の卒前・卒後教育
小阪 憲司(横浜市立大学医学部精神医学教室教授)

●ワークショップ神奈川県(横浜市)における精神科救急医療現状と課題
基幹病院、後方病院、精神科救急相談窓口、救急隊、当事者、家族会そして行政の立場から話題提供がなされ、討論を行いました。<

●一般演題
1. 精神分裂病様症状を主症状とした成人発症モヤモヤ病の一症例
2. 監獄法43条による病院移送により入院治療を行った刑事被告の一例
3. 当院におけるアルコール関連障害患者について
4.「精神病急性期病状評価スケール」の作成
5. 外来受け持ち看護者による治療に拒否的な患者への受診援助
6. 病状に応じた個室(隔離・拘束)使用状況からの考察
7. 急性期治療病棟における病状安定と体重増加
8. 精神科救急病棟に勤務する看護婦・士の不安とキャリア形成に関する検討
9. 救急医療現場における精神科コンサルテーション・リエゾンの実際
10. 高度救命救急センターにおける前向き自殺研究(第1報)
11. 高度救命救急センターから精神科へのコンサルテーションの検討
12. 静岡県東部地域における精神科救急医療について
13. 栃木県の精神科救急システムの実施状況と問題点
14. 地域型精神病院の運営に「行政救急システム」が及ぼす影響
15. 処遇困難事例をとおして地域での支援を考える~移送制度の運用を巡って~
16. 神奈川県における精神科救急医療の現状と問題点
17. 精神科救急医療システム充実に向けての課題~横浜市大センター病院の実績から~
18. 横浜市大センター病院における精神科緊急入院 患者の後方移送の実態について
19. 妊婦出産をめぐる精神科救急についての臨床的検討
20. 精神疾患を持つ妊婦への援助ー母子センターとの連携を行う上での課題ー

シンポジウム、特別講演、会長講演の内容2002年3月発行予定の学会誌「精神科救急」に掲載されています。