●臨床心理士の幸子が入院して感じたことは
南幸子はおおぐま病院の臨床心理士で、今年38歳。3歳年上の夫と二人暮らしである。夫は大手食品会社の営業部門で働いており、今まで名古屋、鹿児島、仙台、東京と3回の転勤を経験している。そのつど、幸子は新しい職場に移らなければならず、もう転勤はしたくないと思っていた。

 周りからは明るくて、はきはきした性格だから「どこに行ってもすぐに馴染めて良いわね」と思われることも多いが、本人は“明るく、はきはきと振る舞っているだけで、人間関係を一から作るのは大変”だと思っていた。

 現在、幸子は駅で階段を踏み外し大腿部を骨折、救急車で東京外科病院に搬送されそのまま入院している。外科が中心の病院だが、内科、整形外科も診ている病院で、ここの患者さんは、がんセンターなどからの紹介や転院も多い。外科分野では腕が良いと評判の病院であるが、紹介や転院で入院してくる患者さんは重症の方が多いため、逆にがん患者さんの5年生存率は低い。

 幸子が入院した病室は4床室で他に98歳のおばあさんと30代半ばの既婚女性、70歳代のおばあさんの4人が入院している。98歳のおばあさんは大腿骨骨折で手術を受け、回復途上にあるのだが「家に帰りたい、帰して欲しい」と看護師や医師が来るたびに懇願する。家族は毎日お見舞いに来ており、休日には孫がひ孫を連れてお見舞いに来る姿も見られた。この部屋では一番お見舞いにくる人が多い患者さんなのだが不安が強いようである。耳をそばだててよく話を聞いていると“病院に捨てられたんじゃないか”と思っているようだ。

 そんなおばあさんに当初、医師も看護師も『大丈夫ですよ、もうすぐ良くなりますからね』と対応していたのだが、日に日にその対応も悪くなって行った。5日後くらいに、お見舞いにきた娘さん(70代)に、医師が『もう、周りの患者さんの迷惑になるから連れて帰ってください』と言うのを聞いた。幸子はそれを聞いて、とても驚くとともに“体を診て、心を診ないというのはこのことなんだ”と納得した。

 翌日、デイルームで68歳になるというおじいさんから声をかけられた。胃がんで昨日入院したのだけど、不安で眠れないのだという。誰彼無く声をかけているようで、通り過ぎる患者さんは会釈していく。『今、通った人は肝臓が悪い』とか『あの人は胆のうを取る予定なんだけど、心臓にも病気があって血液をさらさらにする薬を飲んでいたのですぐには手術できないそうだ』と解説してくれる。おじいさんの表情からは明らかな不安が読み取れる。

 体を診る病院で心のケアは無いに等しかった。看護師さんの中には心のケアが少しできる人もいるようだが、その人を意識的に配置しているわけではなく、その看護師さんが別の病院で勤務していた時に勉強したようだった。幸子は『ここでも心のケアは大切よね。せめて臨床心理士がひとりいれば、98歳のおばあさんも無理矢理退院させられずにすんだだろうし、胃がんのおじいさんの不安も和らげることができただろうに』と思った。

 精神科の病院で身体症状があり、体のケアを必要としている患者さんは多い。しかし、体を治す一般の病院で心のケアがまったくなされていないだけでなく、医師をはじめとするスタッフが心のケアについて関心が無さ過ぎるように感じた。もっとも、病院によっては勉強会などで心のケアを重視しているところもあるようで、幸子の母が昨年入院していた病院ではどの看護師の対応も良かった。

 心も体も同じく“人”を構成するのだから、両方をきちんと診ることで病気も早く治るだろう。しかし身体科の病院で専門のスタッフを置いて心のケアを行っても、病院は診療報酬を得られない。その上、精神科の患者さんの合併症治療をお願いできる病院はそんなに多くない。じゃあ、そのためにどうすればいいのか・・。幸子は、今日も眠れない夜を迎えたようである。
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com
●学会概要・定款・選挙規定等
学会の概要
定款・選出規定・役員・社員・選挙告示
●入会案内・事務局
入会申し込みのご案内
事務局
●学会誌投稿関連(申込用紙等)
投稿規定ダウンロード
申込書ダウンロード
※投稿規定を必ずお読みください
自己申告による C O I 報告書
 
●研究助成制度(申請用紙等)
日本精神科救急学会研究助成制度
●総会
第5回総会(設立総会)
第6回総会(岩手県盛岡市)
第7回総会(福岡県春日市)
第8回総会(東京都千代田区)
第9回総会(神奈川県横浜市)
第10回総会(大阪府豊中市)
第11回総会(千葉県千葉市)
第12回総会(岡山県岡山市)
第13回総会(静岡県浜松市)
第14回総会(広島県広島市)
第15回総会(埼玉県さいたま市)
第16回総会(京都府京都市)
第17回総会(山形県山形市)
第18回総会(大阪府大阪市)
第19回総会(宮崎県宮崎市)
第20回総会(奈良県奈良市)
第21回総会(東京都千代田区)
第22回総会(北海道旭川市)
第23回総会(愛知県名古屋市)
第24回総会(福岡県久留米市)
第25回総会(石川県金沢市)
●学会賞
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
平成29年度
●プロジェクト・提言
精神科救急の定義についての提案
神経性無食欲症(AN)治療の標準化
障害者自立支援調査研究-平成19年度
障害者自立支援調査研究-平成20年度
精神科入院医療の質的向上を
図るための提言
受診前相談研修
●教育研修会
平成25年度第一回 in 福岡(久留米)
平成26年度第一回 in 大阪
平成27年度第一回 in 沖縄
平成28年度第一回 in 金沢
平成29年度第一回 in 高知
平成29年度第二回 in 金沢
●研修会・シンポジウム
東日本大震災長期支援のための国際・・・
第6回自殺未遂者ケア研修
●学会誌・教育研修会テキスト・DVD販売
学会誌の目次(在庫分のみ)
教育研修会テキスト、DVD販売
書評
●精神科救急ガイドライン2015
精神科救急ガイドライン2015
●精神科救急入院料認可施設
2013年7月現在
2014年1月現在
2014年5月現在
2014年6月現在
2014年10月現在
2015年11月現在
  2016年9月現在
●精神科救急の現場から
第1話 気分はとってもハイ
第2話 母親とともに引きこもって
第3話 性的な内容を含む被害妄想
第4話 クリスマスの夜に
第5話 アメリカから恋人を追って
第6話 路上で騒いでいると110番
第7話 治療を中断し海外へ逃亡
第8話 日本に働きにきて
第9話 幻聴に惑わされ岩に激突
第10話 嫌だ! もう嫌だ
第11話 覚せい剤に手を出して
第12話 家出して警察官の優しさに
第13話 心のケアはどうしたの?
第14話 誘拐事件発生?
第15話 直接被害は受けなかったものの
第16話 父親からの性的暴行の果てに
第17話 身元不明の認知症患者さんが
第18話 中学校で男子生徒がカッターナイフ
第19話 太ったねと言われ拒食症に