●精神科救急情報センターから
午後7時30分、外来当直看護師の赤井美奈は先ほどから、電話を片手に空床探しに追われている。

「今、無いですね。任意入院なんですよね。それでしたら、申し訳ございませんが他の病院にあたってもらえませんか?」
「はい、申し訳ございません。よろしくお願いします」

院内でクリスマスコンサートがあり、そのスタッフとして司会を担当していたミク(奥村未来看護師)は着替えて帰る途中に外来詰所に来て、先ほどから電話のやり取りを聞いていた。
「警察からですか」
「そうよ。通報で保護したんだけど自傷他害の恐れはないので任意入院させたいんだって。病棟と何度か調整してみたんだけど、緊急措置入院のための2床しか空いてないのよ。2病棟(救急病棟)から3病棟(通常の精神科病棟)へ移せる患者さんがいないか確認してもらったんだけど、昨日も一昨日もそのようにしてベッドを空けたので、もう無理だって」と美奈が答える。
「それじゃしょうがないよね。実際には2病棟にいてもおかしくない患者さんが3病棟に入っているもんね」
「それにね、3病棟も満床で退院してもらわなければ空けられないんだって、明日なら空くそうなんだけど」

自傷他害の恐れがあり緊急に入院が必要な患者さんのために、夜間と休日は常に2床のベッドを空けている。この県では全体で6床のベッドを緊急措置用として常に確保しており、精神科救急情報センターからの依頼により入院させることとなっている。

精神科救急情報センターは基本的にはどの県にもあり、緊急に入院が必要となった患者さんを振り分ける役目を負っているのだがまだ設置されていない県もあるようだ。
ミクが勤める病院はほぼ毎日、緊急措置入院が必要となる患者さんのために2床空けることとなっており、この日も救急病棟の2床をこのために空けていた。

「のりが良かったようね」
「えっ、」
「司会よ」
「ええ、仕事は半人前だけど、司会はうまいねって山田さんに言われちゃった」
「山田さんね。患者さんの中でも古株だしね。私達の事もよく見ているわよね。ところでミクちゃん、今日はデートじゃないの?」
「そうですよ、これからね」
「良いね~。私は当直だよ。この仕事、クリスマスも正月も関係ないどころか忙しかったりするもんね」
「そうだよね。去年はクリスマスに一人で居る事に耐えられないって自殺未遂しちゃった人がいたもんね」
「それって、彼氏に振られて初詣に一人で行くのが悲しいってことじゃなかった?しかも二人か三人立て続けにきたんだよね」
「あっそうでしたっけ、同じようなもんでしょう。あっまた電話だ。私、帰ります。失礼します」
「お疲れさん。よかったら代わったげるよ」
「結構ですよ。正月、しっかり入ってますから」

「はい、外来です。情報センター(精神科救急情報センター)からですか?」
「えっ、暴れてる。通報で警察に保護されて、自傷他害の恐れがあるんですね。年齢は?性別は?・・」次々と必要な事項を聞き出すと美奈は診察準備のため杉岡医師に状況を知らせた。
●裁判に負けて、暴れたことから
 「アパートの家賃を滞納していて、裁判になっったんだけど負けちゃって強制立ち退きが決まって、それで暴れたようです。もともと統合失調症で入院していたこともあったようです。通報で駆けつけた警察官が被害妄想的だったので情報センターに連絡したようです」と杉岡医師に状況を説明した。
しばらくして患者さんがやってきた。興奮状態が治まっていない。
「大家が嫌がらせするんだ。俺は悪くない。おまえらは悪魔の使いだろう」
「放せ、何しやがる」
美奈は病棟から応援に駆けつけた看護師とともに患者さんを診察室に誘導する。
患者さんはその間にも色々としゃべり続けている。
「あいつは俺の大切な思い出の品を盗ったんだ」
警察官に向かって
「お前もあいつの仲間だろう!お前を逮捕してもらうからな!」
診察室に入っても興奮状態は変わらない。マシンガンのように次から次へと言葉が出てくる。美奈や杉岡医師の言う事は一切耳に入っている様子は無い。
杉岡医師は「そうはいっても今日は他に行くところもないようだしこの病院に入院しましょう。精神保健福祉法の緊急措置入院という形を取ります。まずこの薬を飲んでください。少し苦いけど我慢して」とチューブに入った薬を患者に勧めた。

患者さんは「入院って、どれくらいなんだ!」と言いながら渋々服用した。その様子を見た杉岡医師は、「身体拘束までは必要ないが、他の患者との接触は避けた方が良い」と判断し、病棟には隔離室を施錠して使用する旨連絡した。

杉岡医師は以前入院していたという病院に電話したところ、丁度、担当医だった方がでた。 統合失調症で入院したものの病識はなかったこと、入院後、落ち着いてくると優等生的で3ヶ月で退院し、実家に戻った事などがわかった。
患者さんの中には『自分は病気ではないが早く退院するために治療に専念するふりをする』人もいる。そのような患者さんは退院後、服薬も治療もしないため早期に再入院となることも珍しくない。今回はどうなんだろうと杉岡医師が考えていると
「先生、雪ですよ」という美奈の声、クリスマスの夜に雪とはロマンチックだと思いながら窓から外を見る。

?・・ 星がきれいだ?・・・
「うそですよ。せめてちらほらと雪でも降ってくれたら良いのにね先生」
「ほんとうだね。赤井さん、お子さんは小学生?」
「いいえ幼稚園の年長組。もうサンタクロースは信じてませんけどね」
「そうなんだ。うちの子なんか小学校の5年生までサンタクロース信じていて友達にバカにされたんだよな」
「先生はロマンチストなんですね」
一般社団法人 日本精神科救急学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部 内
TEL:03-5291-6231 FAX:03-5291-2176 E-mail:jaep@shunkosha.com
●学会概要・定款・選挙規定等
学会の概要
定款・選出規定・役員・社員・選挙告示
●入会案内・事務局
入会申し込みのご案内
事務局
●学会誌投稿関連(申込用紙等)
投稿規定ダウンロード
申込書ダウンロード
※投稿規定を必ずお読みください
自己申告による C O I 報告書
 
●研究助成制度(申請用紙等)
日本精神科救急学会研究助成制度
●総会
第5回総会(設立総会)
第6回総会(岩手県盛岡市)
第7回総会(福岡県春日市)
第8回総会(東京都千代田区)
第9回総会(神奈川県横浜市)
第10回総会(大阪府豊中市)
第11回総会(千葉県千葉市)
第12回総会(岡山県岡山市)
第13回総会(静岡県浜松市)
第14回総会(広島県広島市)
第15回総会(埼玉県さいたま市)
第16回総会(京都府京都市)
第17回総会(山形県山形市)
第18回総会(大阪府大阪市)
第19回総会(宮崎県宮崎市)
第20回総会(奈良県奈良市)
第21回総会(東京都千代田区)
第22回総会(北海道旭川市)
第23回総会(愛知県名古屋市)
第24回総会(福岡県久留米市)
第25回総会(石川県金沢市)
●学会賞
平成18年度
平成19年度
平成20年度
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成26年度
平成27年度
平成28年度
平成29年度
●プロジェクト・提言
精神科救急の定義についての提案
神経性無食欲症(AN)治療の標準化
障害者自立支援調査研究-平成19年度
障害者自立支援調査研究-平成20年度
精神科入院医療の質的向上を
図るための提言
受診前相談研修
●教育研修会
平成25年度第一回 in 福岡(久留米)
平成26年度第一回 in 大阪
平成27年度第一回 in 沖縄
平成28年度第一回 in 金沢
平成29年度第一回 in 高知
平成29年度第二回 in 金沢
●研修会・シンポジウム
東日本大震災長期支援のための国際・・・
第6回自殺未遂者ケア研修
●学会誌・教育研修会テキスト・DVD販売
学会誌の目次(在庫分のみ)
教育研修会テキスト、DVD販売
書評
●精神科救急ガイドライン2015
精神科救急ガイドライン2015
●精神科救急入院料認可施設
2013年7月現在
2014年1月現在
2014年5月現在
2014年6月現在
2014年10月現在
2015年11月現在
  2016年9月現在
●精神科救急の現場から
第1話 気分はとってもハイ
第2話 母親とともに引きこもって
第3話 性的な内容を含む被害妄想
第4話 クリスマスの夜に
第5話 アメリカから恋人を追って
第6話 路上で騒いでいると110番
第7話 治療を中断し海外へ逃亡
第8話 日本に働きにきて
第9話 幻聴に惑わされ岩に激突
第10話 嫌だ! もう嫌だ
第11話 覚せい剤に手を出して
第12話 家出して警察官の優しさに
第13話 心のケアはどうしたの?
第14話 誘拐事件発生?
第15話 直接被害は受けなかったものの
第16話 父親からの性的暴行の果てに
第17話 身元不明の認知症患者さんが
第18話 中学校で男子生徒がカッターナイフ
第19話 太ったねと言われ拒食症に