●ファミリーレストランで突然演説
午前11時9分、外来診療が込み合っていて予約より診察が遅れ気味である。外来の新人看護師奥村未来(おくむら・みく)、通称ミクは右往左往しながらも、先輩に助けられながら仕事をこなしている。ところが医師によっては10時30分に診察予定の患者さんもまだ診ていないため、待合室は普段より混雑しており、ミクもさらに混乱してきた。

「ちょっと、予約よりもう15分も過ぎているのに、まだですか」と待合室の患者さんが怒りを込めて訊ねてきた。 ミクは「何回聞きにくるんだろう。1分ほど前にも答えたし、もう5回以上は答えているのに」と思いながらも「すみませんね。今日は診察が長引いていて、もう少し待ってくださいね。順番が来たらお呼びしますから」と応えた。

病気が言わせているんだし、患者さんにも都合があるのだからと思いながらも、腹が立つ自分を『まだまだ先輩看護師のような対応がで きない。何とかしなくては』と思った。そんな時、急患が入るとの連絡があった。

 『わー、どうしたらいいのかしら。さらに急患!えっ、なんだっけ??』動きが止まった。
「こらミクなにしてる!急患だよ!第5診察室を使うからね」
「あっ、ハイ」 先輩に注意され我に戻って急患の受け入れ準備を始める。 第5診察室はPICUとも隣り合わせである。

PICUでは急性期の集中的な治療が行えるし、緊急時にも適切な処置が行えるので救急患者用に第5診察室を使用している。救急入口があり救急車が部屋に横着けできるように設計されており便利なだけでなく救急患者さんが他の患者さんと会うことも無い。

救急車で運ばれてきたのは谷輪綾乃さん29歳。
ファミレスで突然演説しだしたため119番通報され、当院に連絡が入った。 ストレッチャーに固定され救急車から下ろされる。

そばに居たミクには「ああ、福田が救急隊員に変装してついてきた。何とかしてよ」と言う声が聞こえた。
“そんな、救急隊員に変装しても救急車に乗れるわけないじゃない”と思いながらも 「大丈夫ですよ」と声を掛けたミクに綾乃さんがつばを吐きかける。 「ヤダー!」とたじろいだミクを先輩看護師が叱咤する。
「それくらいで、がたがた言うんじゃないよ。それ、行くよ」
●訪れた父が見たのは、
 部屋の 綾乃さんは普段は一人暮らしだが、たまたま昨日父親がやってきたのだという。 そこで、見たものは部屋の片隅で裸でうずくまっている娘の姿だった。 綾乃さんは大学入学から一人暮らしを始め、在学中に悪い噂の絶えないある宗教団体に勧誘され入信。卒業後も信仰を深め、最低限必要な生活費以外はすべてその宗教団体に寄付していた。

 3年程前には寄付するためにサラ金で借金し、あげくに自己破産。 その後、他の精神科病院に半年間入院したが、退院後はアパートで一人暮らしをしていた。 家族はこぞってその宗教団体を辞めさせようと説得したものの、本人はそれを拒否し続けている。

綾乃さんは医師に「私が家に帰って明かりをつけると、福田はすぐに自分の部屋の電気を消すのよ。それで私の部屋の様子を見ているの。私が着替えするのを見ているの。私の部屋のトイレには隠しカメラがあるのよ。まだ見つけていないけど、あの人とアパートの前で会ったこともあるし、間違いないわよ」と話す。 「しかも、そのカメラで録画したものをインターネットで売っているのよ。もうイヤよ。何とかしてよ」と言ってくる。
 風呂に入っている時に福田さんの声が聞こえることが良くあるのだという。 医師が綾乃さんに聞いた 「そのホームページは見たことがあるの?」
 「あるわけ無いじゃないの!不潔よ!」
「じゃあ、誰かに聞いたの?」
「誰でも知ってるわよ。看護婦さんも知ってるよね」
急に話をふられたミクは戸惑って何も答えられない。
「何よ!看護婦さんも福田とグルなのね!」綾乃さんが怒りだす。

また、父親に話を聞くと 道を歩いていて、男性とすれ違った時『今すれ違った人が隠れてつけて来る。あの人、本当はアパートの近くに住んでいる福田なの。でもわからないように変装しているのよ。私とセックスしたいからあんなことするの。どうしよう』と言ったという。福田さんのことは父親も知っており、背丈も体型も異なる。どのように変装しようとも福田さんではなかった。

性的内容を含む被害妄想が続いており、統合失調症であること、現実的判断力が大きく低下していてこのままでは本人にとって不利益であると判断され、父親の同意を得て医療保護入院となった。 入院を告げ、「入院のお知らせ」という文書を渡すと綾乃さんは興奮して「何よ、こんなの!だまされないわよ!」と怒って破り捨てた。液状の治療薬を服用するよう勧めたものの口に含んで医師に向かって吐き出したため、嫌がるのを押さえつけて抗精神病薬を腕の静脈に注射した。

しばらくして興奮は収まり「さっきはごめんなさい・・怖かったの・・看護婦さん助けて・・」とミクの腕にしがみついてきた。ミクはどうしてよいかわからなかったが、また「大丈夫ですよ」とだけ言った。今度はつばを吐かれることはなかった。
  ●自宅外泊で病状が悪化
スーパー救急病棟から3名の看護師がやってきた。その中に看護大学で1年先輩だった赤木由宇(あかぎ・ゆう)、通称ユウの姿があった。学生時代、ミクとユウはボランティアサークルに所属し、休日には養護施設などで一緒にボランティア活動をすることも多かった。

ミクが精神科を目指したのもユウが精神科病院に就職し、将来は精神科専門看護師になることを目指していたからだ。ユウは2~3年現 場で働いた後、大学院に進むつもりでいる。

ユウの姿を見てミクはホッとした。そこをユウに見られ「あんた、これくらいでなんなの!うちの病棟に来て勉強していく?あんたには 期待してんだからね」と言われ固まってしまった。

ユウは固まっているミクの背をポーンと軽くたたいて 「さあさあ、外来患者さんがまだまだたくさん待っているよ。今日は昼抜きだね。頑張れよ」 と言って綾乃さんを連れて出て行った。

綾乃さんは隔離室に入院となった。ユウが話しかけるのだが会話はまったく成立せず、返事は単語が並ぶだけで意味不明だ。
「ここがどこだかわかる?病院だから安心してくださいね」
「福田、セックス、警察、神、キリスト、オウムでしょオウム!」
「できるだけ早く、普通の病室に移れるようにしましょうね」
「何よ、だまされないわよ!」
隔離室で一人になると、常になにか話していて落ち着きも無い。とりあえず拘束せず部屋のカギだけをかけて様子をみることになった。

ガシャーン!! 綾乃さんがベッドの上で飛び上がって照明器具を壊した。 その様子を看護詰所のモニターで確認したユウが、病室に駆けつける。 拘束しなくても良いだろうと判断されていたのだが、これでは自分を傷つける恐れがある。 駆けつけたベテラン精神保健指定医である杉岡茂雄医師の判断で、腹部と下肢を拘束することになった。

その後も1日2回の服薬にもなかなか応じようとしなかったが、毎回看護師が30分以上かけてねばり強く説得してようやく服用することで、睡眠や食事がとれるようになったため拘束は5日後に解除したが、部屋から出るとまだまだ落ち着きが無く、誰彼なしに話しかけ、怒る。

「あんた福田じゃないの?正直に言いなさいよ!」
 このような状態で一般病室に移ると他の患者さんに悪い影響を与える。そこで、保護室だがカギは掛けず部屋の外に自由に出られるようにした。閉鎖病棟の一般病室との間には低い仕切があり、乗り越えようとすれば乗り越えられる。実際に何度かその仕切を乗り越えたため看護師に連れ戻されている

 このような状態で時が過ぎて行ったが、看護師の指導によりきちんと服薬し、症状も落ち着いてきたので3週間後には、隔離室から閉鎖 病棟内の個室に移った。

4週間後には表面的に症状がおさまったため、実家に外泊(2泊)したものの、「自分は病気じゃない」という気持ちが強いためまったく服薬はせず、ほとんど眠らずに過ごした。そして父に連れられて病院に帰ってきた時には再び病状が悪化しており、隔離室に戻ってま た同じステップを踏み直すこととなった。

4月10日には入院から3ヶ月が経過したので救急治療の対象外となり、一般の閉鎖病棟に移った。しかし綾乃さんは他の患者を避けて一人で過ごすことが多く、杉岡医師はこれ以上の入院は綾乃さんの回復には役立たないと判断し、4月末に退院となった。

しかし、綾乃さんは病気であるという認識は無く「看護婦に無理矢理薬を飲まされている」と感じ続けていた。ユウは綾乃さんが退院した時「薬を飲んでくれていれば良いのだけれど」と思っていたものの、忙しさから綾乃さんのことは忘れていた。
●病気だとの認識が無く
ミクは恋人の浜岡雄一と都電のおもかげばし停留所近くにある焼き肉レストランへ行こうと歩いていた。浜岡雄一はこの近くの大学院で心理学を学んでいる。 高戸橋の交差点まで来た時、戸塚警察署(警視庁)の方から警察官が3名走ってきた。何だろうと思って走って行った方を見ると裸の女性が何か大声を出しながら歩いている。 雄一が「お~っ!」と声を上げた。
「こら!何を見てるの!」
「だって、ほら」
「こら!すけべ!誰でもいいのか!」
「いや、そんなんじゃなくてさ・・。」
「おいで!!」 ミクは雄一を強引に引っ張って行った。
翌日、昼の休憩時間に食堂でユウが話しかけてきた。この食堂は職員も外来患者さんも一緒だ。入院患者さんも退院が近づくとこの食堂で食事をすることもある。 ユウが小さな声で昨晩の出来事をユウに話した。 退院した谷輪綾乃さんが昨晩、全裸で歩いていて警察に保護され入院したのだという。詳しい経過を聞いていて、昨晩見た光景を思い出した。「あの女性、谷輪さんだったんだ」とミクは思った。

谷輪綾乃さんは退院すると「病気じゃないのに、病気だと言われて無理矢理のまされ続けてきたんだから飲まないわよ」と言って薬を一切口にしなかった。それで再び病状が悪化したのである。

昨晩警察に保護され、再び当院に入院。今日はまだ保護室で拘束状態にある。このように病気だという認識が無く、何度も入退院を繰り返す患者さんもいる。医師や看護師、精神保健福祉士が説得するのだがいっこうに聞き入れない。 「みんな私をだまそうとしている」綾乃さんはそう思い続けていた。

綾乃さんも入院すれば薬を飲む。ただし病気をなおすためではなく、飲めば早く退院できるからである。これでは入退院を繰り返す事になる。そこで杉岡医師は再入院1ヶ月が過ぎた頃、退院したら外来に通うように説得した。前回も、外来通院するように言っていたのだが、実際には通院せず。病気が悪化したのである。そこで今回はご家族の方々も含め必ず通院するように約束してもらった。

前回と同じような経緯をたどって退院した綾乃さんは、父親に付き添われて通院するようになった。通院は2週間ごとである。月に1度、効果が長く続く薬を注射し、薬を飲まなくても悪化するのが遅くなるような治療を行った。 そんな状態で3ヶ月か過ぎた頃、綾乃さんは「近くの病院に変わる」と言いだした。この病院に通院するのは時間がかかりすぎるからだという。杉岡医師は転院する病院を確認すると紹介状を書いた。

「奥村さん(ミク)、谷輪さんはきちんとあちらの病院に通ってくれるだろうかね」 「さあ、私にはよくわかりません。また、パトカーで戻ってくるような気もしますし・・」 「そうだよね。でも本人が近くの病院なら通うって言うから信用してみようと思うんだ。きちんと治療を続ければ治るのだから、きちんと通院してねってお願いするしかないよね」

ミクは「そうですね」と応えたもののどこかに割り切れない気持ちが残った。 さあ、頑張ろうと思った瞬間、ユウが入ってきて「こらミク、ボケーとしてないで仕事だよ!!もうすぐ救急車が入ってくるよ」と言った。 今度は自殺未遂の患者さんらしい。