●2017年7月25日
教育研修会(高知大会)のルポをアップしました。
詳しくはこちらから

●2017年6月27日
【第25回日本精神科救急学会学術総会(石川)】
一般演題の募集を6月26日で締め切りました。
多数のご応募ありいがとうございました。

●2017年6月23日
研究助成制度 開始
日本精神科救急学会は 精神科救急・急性期臨床における会員の研究活動を支援するため、 助成制度を始めます。
対象となるのは、 精神科救急・急性期臨床における医療サービスに関する 個人または共同の調査・研究・事業です。
どうか奮ってご応募下さい。詳しくはこちらから

●2017年6月16日
7月1日の教育研修会申し込みを締め切りました。
多数のご参加申し込みありがとうございました。

●2017年6月16日
【第25回日本精神科救急学会学術総会(石川)】一般演題締め切り延長のお知らせ
2017年6月26日まで延長いたしました。
詳しくはこちらをご覧ください
事前参加登録も受付中です

●2017年6月13日
7月1日の教育研修会、 日本精神神経学会の専門医機構・学会共通単位B群として最大3単位
7月1日の教育研修会に関して、 日本精神神経学会より 専門医機構・学会共通単位B群として承認する旨連絡がありました。
これにより、教育研修会に参加すると 最大3単位を取得できることになります。
申し込みはこちらから

●2017年6月3日
教育研修会(高知大会)の申し込み締め切り日が変更になりました。
新しい締切日は6月15日です。
申し込みはこちらから

●2017年6月1日
学会事務局が千葉から沼津に移転しました。
【新学会事務局】
〒410-8575
静岡県沼津市中瀬町24-1 沼津中央病院内
日本精神科救急学会事務局

TEL:055-933-7750
FAX:055-934-1698
E-mail:jaep@numazuchuo.jp

●2017年5月9日
【第25回日本精神科救急学会学術総会(石川)】一般演題募集のお知らせ
本年11月2日(木)~ 3日(金・祝)に金沢市文化ホール他(石川県金沢市)にて、第25回日本精神科救急学会学術総会を開催いたします。
現在一般演題の募集を行っておりますので、関係者の皆様にもご案内頂けますと幸いです。先生方のご協力を何卒お願い申し上げます。
締切:2017年6月16日(金)
http://www2.c-linkage.co.jp/jaep2017/theme/

●2017年5月1日
平成29年度日本精神科救急学会 教育研修会 in 高知、テーマ「措置入院から地域移行へ」
1.日 時  平成29年7月1日(土)
2.会 場  土佐病院(高知県高知市)
申込受付開始いたしました。詳しくはこちらから

●2017年3月1日
平成28年度 奨励賞4本となりました。学会賞は今回該当演題がございませんでした。詳しく見る

●2017年3月1日(期間終了いたしました。2017.04.01)
3月は自殺対策強化月間です。
3月は厚生労働省がすすめる「自殺対策強化月間」です。当学会はその啓発事業に賛同しております。
つきましては、会員の皆様におかれましても、各所属機関ホームページに厚生労働省の自殺対策ページへのリンクを貼っていただくなど、活動の普及にご協力をお願い申し上げます。
「厚生労働省 平成28年度自殺対策強化月間 ホームページ」を見る

<当学会関連事業>
「自殺未遂者ケア研修会(精神科救急版)」
自殺総合対策推進センター主催(共催:日本精神科救急学会)2017年2月5日開催済み。

●2017年1月24日
平成29年度、第一回教育研修会
テーマ「措置入院から地域移行へ」
高知市、土佐病院
※詳細は決まり次第おしらせいたします。

●2016年12月22日
「平成28年度自殺未遂者ケア研修会」の開催のご案内 (募集は締め切りました)
皆様のご参加をお待ちしております。
主催:自殺総合対策推進センター(共催:日本精神科救急学会)
*平成28年度より主催が厚生労働省から自殺総合対策推進センター に変わりました。
日時:平成29年2月5日(日)10:00〜17:00(受付開始9:30〜)
会場:メルパルク京都 5階宴会会議室A
住所:〒600-8216京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13 JR京都駅(烏丸中央口)から徒歩1分、京都駅八条口から徒歩5分
対象者:精神保健福祉に従事する医師、看護師、精神保健福祉士など
参加費:無料(定員50名)【先着順】 詳細及び申し込み方法:以下のURLを参照の上、お申込み下さい。
募集要項
https://ikiru.smktg.jp/public/seminar/view/47 ⇒(リンク)
〔申込締切:平成29年1月20日(金)〕

●2016年10月28日
第24回総会のルポが会員ページに掲載されました。
こちらからご覧ください

●2016年10月28日
第24回学術総会にて発表されました医療政策委員会プロジェクト(受診前相談研修)の資料を公開します。
(1)受診前相談研修 精神科プレホスピタルケアに求められること
(2)受診前相談の基本 ~相談から精神科救急トリアージまで~

●2016年10月14日
「学会提言に関するコーナー」に提言と意見を掲載いたしました。
学会提言ページからご覧ください。

●2016年10月14日
教育研修会金沢大会のルポが会員ページに掲載されています。
こちらからご覧ください。

●2016年9月17日
「学会提言に関するコーナー」に寄せられた意見を追加いたしました。
学会提言ページからご覧ください。

●2016年9月10日(期間終了いたしました。2016.09.17)
9月10日~16日は「自殺予防週間」です。
厚生労働省自殺対策推進室は9月10日の世界自殺予防デ-にちなんで、
毎年9月10日からの一週間を自殺予防週間としております。
当学会もこの取り組みに協賛おります。皆様のご協力をお願い申し上げます。
詳しくはこちらをご覧下さい。(厚生労働省ホームページ)

●2016年8月22日
「学会提言に関するコーナー」に寄せられた意見を追加いたしました。
学会提言ページからご覧ください。

●2016年7月20日(第19話 太ったねと言われ拒食症に
「精神科救急の現場から」に拒食症の話を追加しました

●2016年6月24日(第18話 中学生が学校でカッターナイフを振り回し
「精神科救急の現場から」に自閉症スペクトラム障害児に関する話を追加しました

●2016年6月14日(第17話 身元不明の認知症患者さんが
「精神科救急の現場から」に第17話身元不明の認知症患者さんが、を追加しました。

●2016年3月28日(詳しくはこちらで
厚生労働省よりフルニトラゼパムの「使用上の注意」改訂の お知らせがございました。  
今般の「使用上の注意」の改訂は、主に以下の点に ついて注意喚起を行うことを目的としております。
■ 本剤投与前に、救急処置の準備をしておくこと。
■ ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬フルマゼニルを準備しておくこと。
■ 本剤投与中は、パルスオキシメーターや血圧計等を用いて、患者の呼吸・循環動態を継続的に観察すること。
■ 麻酔・鎮静の深度は、手術、検査に必要な最低の深さにとどめること。

●2016年3月24日(詳しくはこちらで
平成28 年度日本精神科救急学会 教育研修会 in 金沢
テーマ「精神科急性期とクリティカルパス」
日 時 平成28 年6 月25 日(土)
会 場 社会医療法人財団松原愛育会 松原病院内 すみれ台デイケア(精神デイケア)
〒920-0935 石川県金沢市石引4 丁目3-5 TEL076-231-4138
参加者 100 名程度
参加費 研修会 5,000 円(過去の研修会をまとめたテキスト代込み)
情報交換会 5,000 円(希望者のみ)
申込開始 平成28 年4 月1 日(申込期限 平成28 年5 月6 日)

●2016年3月2日(詳しくはこちらで
2015年度学会賞、奨励賞が決まりました
日本精神科救急学会2015年度学会賞・奨励賞

1.学会賞(1題)
所属: 国立病院機構熊本医療センター精神科
発表者: 橋本聡
演題名: PEEC(Psychiatric Evaluation in Emergency Care)コースを通じた多職種連携と自殺未遂者ケア

2.奨励賞(3題)
所属: 医療法人優なぎ会雁の巣病院
発表者: 河上真人
演題名: 長期入院から自宅退院が可能となった統合失調症の一例~精神科救急病棟におけるクロザピン治療の経過について

所属: 医療法人静心会桶狭間病院藤田こころケアセンター
発表者 :酒井絵美
演題名: 自閉症スペクトラム患者への行動的アプローチ

所属: 埼玉県メンタルヘルスセンター
発表者: 塚本哲司
演題名: 警察官通報(精神保健福祉法第23条)の実態と自治体の対応状況に関する調査

●2016年3月1日(期間終了いたしました。2016.04.01)
3月は自殺対策強化月間です
3月は内閣府がすすめる「自殺対策強化月間」です。
当学会はその啓発事業に協賛し ております。
「内閣府HP 平成27年度自殺対策強化月間特設ページ」を見る
「内閣府HP 平成27年度自殺対策強化月間について」を見る

●2016年2月10日(演題募集は終了いたしました)
【第24回日本精神科救急学会学術総会】一般演題募集開始
締切:2016年5月12日(木) 12:00迄
会期:2016年10月7日(金)~8日(土)
会場:萃香園ホテル(福岡県久留米市)
テーマ:精神科救急・急性期医療におけるチーム医療の貢献
    ―治療力、回復力、家族・地域力の向上を目指して―

●2016年1月26日(会員専用ページ)こちらから→
第23回学術総会のルポをアップいたしました
レポートしてくださったのは
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 井上幸代 会員
長野県看護大学 岡田実 会員
メンタルケア協議会 西村由紀 会員
順天堂大学 四方田清 会員
です。

●2016年1月22日
厚生労働省主催「第7回自殺未遂者ケア研修会」が下記の要領で行なわれます。

主催:厚生労働省(共催:日本精神科救急学会)
日時:平成28年3月13日(日)10:20~17:00(9:50開場)
対象者:精神保健福祉に従事する医師、看護師、精神保健福祉士など
会場:5東洋海事ビル1階 会議室D 〒105-0004 東京都港区新橋3-2-5
■参加費:無料(定員50名)
■プログラム:
司会  長谷川朝穂(社会医療法人公徳会 若宮病院)
9:50~ 開場
10:20~10:40 開会挨拶、平田豊明(千葉県精神科医療センター、厚生労働省
10:40~11:10 講義1 「自殺行動の精神医学的理解と対応、張賢徳(帝京大学医学部附属溝口病院 精神神経科)
11:10~11:30 講義2 「自殺未遂者対応ガイドラインについて」、杉山直也(財団法人復康会沼津中央病院)
11:30~11:40 ワークショップ説明、大塚耕太郎(岩手医科大学医学部災害・地域精神医学講座)
11:40~12:30 休憩
12:30~14:30 ワークショップ、司会:大塚耕太郎・須田顕(横浜市立大学医学部精神医学教室)
14:30~14:40 休憩
14:40~15:00 講義3 「わが国の自殺予防と自殺未遂者対策」、河西千秋(札幌医科大学大学院医学研究科精神機能病態学/医学部神経精神医学講座)
15:00~16:40 成果物発表とディスカッション、司会:大塚耕太郎、須田顕、コメント:河西千秋、杉山直也、堀川公平 及びファシリテーター
16:40~16:50 閉会挨拶、堀川公平(のぞえ総合心療病院)
16:50~17:00 アンケート
※ワークショップはモデル症例について救急医療施設における自殺未遂者への対応をグループで討議します。
※都合によりプログラム内容が一部変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
■お申し込み
〔申込締切:2016年2月26日(金)〕
下記の内容を記入し、お申し込みください。
氏名(ふりがな)・住所(郵便番号)・電話番号・FAX番号・性別・職業(医師・看護師・
精神保健福祉士など)・救急医療の経験年数(精神科または救急)・勤務先(科)・メールアドレスメールでのお申し込み・・・misuicare2015@forumone.co.jp
FAXでのお申し込み・・・050‐3730‐4610「自殺未遂者ケア研修参加受付係」
「第7回自殺未遂者ケア研修会」チラシ(詳細、地図、参加申込書等)

●2016年1月6日
「精神科救急入院料認可施設」(2015年10月末現在)一覧表を追加掲載しました。
施設数は130施設です。→掲載ページへ

●2015年12月26日
評議員選出規定理事選出規定選挙細則が改訂されました。

●2015年12月10日
日本精神科救急学会監修の「精神科救急医療ガイドライン2015」が2015年12月10日にへるす出版より 刊行されました。データは以下よりダウンロード可能です。
【一括】
精神科救急医療ガイドライン全章.pdf
【分割】
前付.pdf
第1章.pdf
第2章.pdf
第3章.pdf
第4章.pdf
第5章.pdf
後付.pdf

また、書籍版は一般書店でお買い求めいただけます。
http://www.herusu-shuppan.co.jp/879-2/
※会員の方には書籍版を12月5日に発送をいたしました。

●2015年12月10日
日本精神科救急学会監修の 「危険ドラッグ対応ハンドブック」が2015年10月15日にへるす出版より刊行されました。 一般書店でお買い求めいただけます。 http://www.herusu-shuppan.co.jp/875-2/

●2015年9月17日追加
(1)会員ページに5施設から提供された「院内標準診療計画書(クリティカルパス)」を掲載いたしました。こちらから→
(2)平成26年度学会賞に「多職種チームで取り組む救急入院ケアアウトライン」(渡邉博幸 千葉大学社会精神保健教育研究センター)が選ばれました。詳しくはこちらから
(3)教育研修会 in 沖縄 平安病院のルポ(3名の会員による)を掲載しました。詳しくはこちらから(会員専用ページです)

●9月10日〜16日は「自殺予防週間」です。(終了いたしました)
内閣府自殺対策推進室は9月10日の世界自殺予防デ−にちなんで、
毎年9月10日からの一週間を自殺予防週間に設定し、
当学会でも協賛しております。
内閣府自殺対策推進室自殺予防週間特設ページ等公開しております。
皆様のご協力をお願い申し上げます。
平成27年度自殺予防週間特設ページ(内閣府)

●第23回精神科救急学会 一般演題締切延長のお知らせ(締切:8月14日(金)(終了いたしました)
先日ご案内いたしました、第23回日本精神科救急学会における一般演題募集に関しまして、登録締切を「8月14日(金)昼12時」まで延長いたしました。
是非、多くの皆様にご応募いただきたく、ご案内申し上げます。
締切:2015年8月14日(金) 昼12:00迄
http://www.c-linkage.co.jp/jaep2015/abstracts.html

●評議員選出委員会からのお知らせ(終了いたしました)
日本精神科救急学会会則ならび評議員選出規定、選挙細則に則り、2015年6月1日期日にて評議員選挙を行います。
立候補届、推薦届は4月7日で締めきりました
(※郵送の場合は4月7日の消印があれば有効として受け付けています)

●追加、修正等(終了いたしました)
正会員の皆様
選挙関係の封書がお手元に届き始めていると思いますが、
すでにお問い合わせをいくつかいただいております。
今回が規定による初めての選挙であり、
不備に対する対応はその都度させていただきますのでご了承ください。
対応内容は随時学会HPに掲載させていただきますので、ご確認をお願いいたします。
問い合わせ先
評議員選出委員会事務局 jaep@hokuto-kai.com
(2015年3月17日、追加) ・推薦方法について・・・
推薦者は、自分の所属する地区から候補者を推薦することができる。
推薦する候補者は複数人であって もよい

●3月は自殺対策強化月間です(2015.3.1)
(終了いたしました)
3月は内閣府がすすめる「自殺対策強化月間」です。当学会はその啓発事業に賛同しております。
つきましては、会員の皆様におかれましても、各所属機関ホームページに内閣府の自殺対策ページ
へのリンクを貼っていただくなど、活動の普及にご協力をお願い申し上げます。
「内閣府 平成26年度自殺対策強化月間特設ページ」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyoukagekkan/index-h26.html
「内閣府 平成26年度自殺対策強化月間について」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyoukagekkan/h26/index.html
<当学会関連事業>
「自殺未遂者ケア研修会(精神科救急版)」
厚生労働省主催(共催:日本精神科救急学会)2015年2月1日開催済み。

●国連防災世界会議 パブリックフォーラム
(終了いたしました
 「大規模災害被災地への長期メンタルヘルス支援」開催のご案内
2015年3月14日(土)
主会場(仙台)/TKPガーデンシティ仙台勾当台ホール7
(仙台市青葉区国分町3−6−1 仙台パークビル2・3階)
※ 地下鉄南北線 勾当台公園駅 公園2出口より徒歩1分
※ サテライト会場として東京(AP東京八重洲通り)、
盛岡等同時開催を予定 いずれも入場無料

主催/特定非営利活動法人 心の架け橋いわて(こころがけ)
(電話/ファックス 019-651-2117 メール:kki1iwa@gmail.com

【第一部10:00−12:00】
基調講演「災害復興における個人のレジリエンスと地域のレジリエンス」
司会/長谷川朝穂、鈴木 満(心の架け橋いわて)
・講演1 「日本イスラエイド・サポート・プログラムによる地域のレジリエンス構築への革新的アプローチ」
Yotam Politzer and Eitan Oren
(IsraAID/JISP 一般社団法人日本イスラエイド・サポート・プログラム)
・講演2  「地域のレジリエンスをたかめるには―日本で”最も”自殺の少ない町の調査から―」
岡 檀(和歌山県立医科大学)

【第2部 13:00−15:30】
東北被災3県アウトリーチチーム「ここ・から・なごみ」による合同シンポジウム
「長期メンタルヘルス支援と新しいネットワーキング」

よろしければamazonでの記事「生き心地の良い町ーこの自殺率の低さには理由がある」を参考にしてください。

●「第6回自殺未遂者ケア研修会」の開催案内について
(終了いたしました)
主催:厚生労働省(共催:日本精神科救急学会)
日時:平成27年2月1日(日)10:20~17:00(9:50開場)
対象者:精神保健福祉に従事する医師、看護師、精神保健福祉士など
会場:新大阪丸ビル別館4階 4-1研修室
    JR新大阪駅東口より徒歩2分
    地下鉄御堂筋線新大阪駅5、6番出口より徒歩8分
参加費:無料(定員50名)
〔申込締切:2015年1月15日(木)〕
詳しくはこちらをご覧ください→

●精神科救急入院料施設一覧 情報更新
2014年10月末現在のデータを追加しました

●被災地支援3団体交流企画「ここ・から・なごみ」(心の架け橋いわて・からころステーション・なごみ)災害復興メンタルケア研修会
(終了いたしました。ありがとうございました)
日時:平成26年11月9日(日)午前9時―12時30分
会場:TKPガーデンシティ仙台ホールB2(仙台AER21階)
入場無料
① 教育講演「自殺に追い込まれる人の少ない地域から学ぶ支援計画とは」午前9時―9時50分
講 師 森川 すいめい(認定NPO法人世界の医療団)
② シンポジウム「被災地におけるアルコール関連障害の現況と課題」(仮)午前10時―12時30分
シンポジスト
原 敬造(震災こころのケア・ネットワークみやぎ 代表理事)
「からころステーションにおけるアルコール問題への取り組み」
河村 木綿子(相馬広域こころのケアセンターなごみ 看護師)
「相双地域のお酒の問題」(仮)
鈴木 満(心の架け橋いわて 理事長)
「活動からみえる飲酒に関する文化と課題」(仮)
座長
大川貴子(相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会 理事長)
原 敬造(震災こころのケア・ネットワークみやぎ 代表理事)
サテライト会場:東京、盛岡等
お問い合わせ先:
特定非営利活動法人 心の架け橋いわて事務局
〒020-0013 岩手県盛岡市愛宕町11-10-407(担当 岩渕)
kki1iwa@gmail.com
tel/fax.019-651-2117
http://www.kokorogake.org/
主催:特定非営利活動法人心の架け橋いわて
共催:一般社団法人震災こころのケア・ネットワークみやぎ、特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会、日本精神科救急学会
後援:Japan society、米国日本人医師会,JAMSNET、JAMSNET東京、JAMSNET Asia、リコージャパン株式会社、ふくしま心のケアセンター
助成:復興庁、Japan Platform、ローズ基金

●9月10日~16日は「自殺予防週間」です。
(終了いたしました。ありがとうございました)
内閣府自殺対策推進室は9月10日の世界自殺予防デ-にちなんで、毎年9月10日からの一週間を自殺予防週間に設定し、当学会でも協賛しております。
内閣府自殺対策推進室自殺予防週間特設ページ等公開しております。
皆様のご協力をお願い申し上げます。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/

●学術総会の事前参加登録
(終了いたしました。ありがとうございました)
8月5日(火) 12:00まで延期されました。

●第22回大会(旭川大会)演題募集締切のご案内
(終了いたしました。ありがとうございました)
◆2014年5月20日(火)で演題の募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

●第22回大会(旭川大会)演題募集締切変更のご案内
(終了いたしました。ありがとうございました)
◆演題募集期間が:2014年5月20日(火)12:00迄延長となりました。
 http://www.c-linkage.co.jp/jaep2014/abstract.html
◆事前参加登録期間:2014年7月29日(火)12:00迄
 事前参加登録は以下のURLよりお願いいたします。
 http://www.c-linkage.co.jp/jaep2014/information.html


●PEECコース熊本研修会のお知らせ
(終了いたしました。ありがとうございました)
当学会と日本臨床救急学会、日本総合病院精神医学会の協力で25年7月から展開しているPEECの講習会が、以下の日程で行われます

H26年5月11日(日):12時受付開始
熊本医療センター 研修センター大ホール

申し込み先は
stcder@kumamoto2.hosp.go.jp
※基本先着順ですが、抽選になる可能性もあります(職種による調整のため)。
PEECについては以下をご参照ください。
http://www.nho-kumamoto.jp/kyukyuiryou/PEEC.html
http://jsem.umin.ac.jp/training/peec.html
(2014年3月17日掲載)


●【第22回日本精神科救急学会学術総会】演題登録・事前参加登録のお知らせ
(終了いたしました。ありがとうございました)
第22回日本精神科救急学会学術総会
2014年9月5日(金)~6日(土)旭川グランドホテルにて

◆演題募集期間:2014年4月24日(木)12:00迄
(終了いたしました。ありがとうございました)
 演題の登録は以下のURLよりお願いいたします。
 http://www.c-linkage.co.jp/jaep2014/abstract.html
◆事前参加登録期間:2014年7月29日(火)12:00迄
 事前参加登録は以下のURLよりお願いいたします。
 http://www.c-linkage.co.jp/jaep2014/information.html

第22回日本精神科救急学会学術総会
(終了いたしました。ありがとうございました)
大会長 直江 寿一郎
(医療法人社団 旭川圭泉会病院 理事長・院長)

●3月は自殺対策強化月間です(2014.3.1)
(終了いたしました。ありがとうございました)
3月は内閣府がすすめる「自殺対策強化月間」です。当学会はその啓発事業に賛同しております。
つきましては、会員の皆様におかれましても、各所属機関ホームページに内閣府の自殺対策ページ
へのリンクを貼っていただくなど、活動の普及にご協力をお願い申し上げます。

「内閣府HP 平成25年度自殺対策強化月間特設ページ」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/
kyoukagekkan/index-h25.htm
l
「内閣府HP 平成25年度自殺対策強化月間について」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/
kyoukagekkan/h25/index.htm
l

<当学会関連事業>
「自殺未遂者ケア研修会(精神科救急版)」
厚生労働省主催(共催:日本精神科救急学会)2014年2月2日開催済み。
(2014年2月28日 追加)

●PEECコース熊本研修会のお知らせ
(終了いたしました。ありがとうございました)
当学会と日本臨床救急学会、日本総合病院精神医学会の協力で25年7月から展開しているPEECの講習会が、以下の日程で行われます。

H26年5月11日(日):12時受付開始
熊本医療センター 研修センター大ホール

申し込み先はstcder@kumamoto2.hosp.go.jp
※基本先着順ですが、抽選になる可能性もあります(職種による調整のため)。
PEECについては以下をご参照ください。
http://www.nho-kumamoto.jp/kyukyuiryou/PEEC.html
http://jsem.umin.ac.jp/training/peec.html
(2014年3月17日掲載)

●平成26年度日本精神科救急学会 教育研修会 in 大阪
(終了いたしました。ありがとうございました)
(2014.3.10)
申込は締めきりました(2014.5.2)

テーマ:「私もやってます、薬物依存症治療」
~女性スタッフによる経験を中心に~
日時:2014年6月14日(土)
場所:地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立精神医療センター
(大阪府枚方市宮之阪3-16-21)

第1部:9:30~12:00(9:00受付)
病院見学会:大阪府立精神医療センター
(救急病棟・児童思春期病棟・高度ケア病棟・医療観察法病棟)

第2部:13:00~17:00
◆特別講演 「薬物依存症の治療と援助~脱法ドラッグも含めて~」
講 師 成瀬 暢也(埼玉県立精神医療センター 副病院長)
座 長 川畑 俊貴(京都府立洛南病院 副院長)

◆シンポジウム
〔シンポジスト〕 
井上 恭子 (神奈川県立精神医療センターせりがや病院 PSW)
山神 智子 (埼玉県立精神保健福祉センター CP)
西口  心 (大阪府吹田保健所 精神保健福祉相談員) 
森本江理子 (大阪府立精神医療センター Dr)
前田 智美 (大阪府立精神医療センター NS) 
松本由紀奈 (藤田こころケアセンター CP)
〔座 長〕
青山 久美 (神奈川県立精神医療センターせりがや病院 非常勤Dr)
谷渕由布子 (同和会千葉病院 Dr)
〔コメンテーター〕
成瀬 暢也 (埼玉県立精神医療センター 副病院長)
川畑 俊貴 (京都府立洛南病院 副院長)
梅本 愛子 (大阪府立精神医療センター Dr)
篠原 章子 (大阪府立精神医療センター 副看護部長) 〔敬称略〕

◆募集人数  80名(定員を大幅に超えた場合、サテライト会場の設置も検討)
◆参加費 5,000円(過去の研修会をまとめたテキスト代込み)
◆昼食代 1,000円(希望者のみ)
◆懇親会 5,000円(希望者のみ)
◆申し込み 郵送での同封の用紙もしくは学会HP(http://www.jaep.jp/)から
お申込みいただけます。(※4月1日以降申込受付開始)
お申込みいただきましたら、事務局より参加受諾のご連絡をさせていただきます。

●日本精神科救急学会第21回大会学会賞決定
本年は学会賞に相当する演題はなく、奨励賞4本となりました。
詳しくはこちらで
(2014年2月14日 追加)

●「巨大惨禍への精神医学的介入」出版
当学会が中心となって翻訳にあたった『巨大惨禍への精神医学的介入』(弘文堂)が刊行されました。6800円(税別)と高価ではありますが、災害時のメンタルケアに携わる人にとっては必携の書となりそうです。詳細は以下でご覧になれます
https://www.koubundou.co.jp/books/
pages/65161.htm

(2014年2月14日 追加)

●第22回大会ホームページ開設
(終了いたしました。ありがとうございました)
テーマ:医療計画と精神科救急 ~北の大地から考える~
開催日:2014年9月5日~6日
会 場:旭川グランドホテル
大会長:直江寿一郎(旭川圭泉会病院 理事長・院長)
→詳しくはこちら

「東日本大震災長期支援のための国際遠隔連携シンポジウム」
(終了いたしました。ありがとうございました)
被災地支援プロジェクトに関連し、12月15日に仙台におきまして「東日本大震災長期支援のための国際遠隔連携シンポジウム」を開催いたします。メイン会場は仙台のTKPガーデンシティ仙台となりますが、東京、釜石、盛岡などにもサテライト会場を設置いたしますので是非ご参加下さい。(2013.11.27)

第21回大会のルポを掲載しました
(会員ページ:2013.11.6)
執筆者は下記の3名です。
常葉大学健康科学部看護学科 岡本典子
滋賀県立精神保健福祉センター 辻本哲士
国立病院機構熊本医療センター 精神科 吉田庸子

●9月10日~16日は「自殺予防週間」です(2013.9.5)
(終了いたしました。ありがとうございました)

内閣府自殺対策推進室は9月10日の世界自殺予防デ-にちなんで、毎年9月10日からの一週間を自殺予防週間に設定し、当学会でも協賛しております。
内閣府自殺対策推進室自殺予防週間特設ページ等公開しております。
皆様のご協力をお願い申し上げます。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/

●第21回大会(東京大会)演題募集締切変更のご案内4(2013.8.8)
(終了いたしました。ありがとうございました)

→申し込み締切が8月16日正午まで延長となりました。
http://jaep2013.saitec.biz/abstract/


●評議員選挙規定等について(2013.8.6)
<評議員有資格者について> ※2015年1月1日現在の会員名簿で判定
①正会員となって連続3年以上を経過した者
・正式には2012年1月1日以前に入会した者
②会費を2年以上滞納していない者
・2013年度分までの会費の支払いが済んでいる者
③3年間に1回以上学術総会に出席した者(2012年度~2014年度の3年間)
・基本的に総会出欠ハガキと当日の「出席カード」にて判断する予定です。
→ 理事選出規定細則(2013.08.06)
→ 評議員選出規定(2013.08.06)
→ 日本精神科救急学会評議員選出の基本的考え方(平成24年1月7日理事会合意)

●第21回大会(東京大会)演題募集締切変更のご案内3(2013.7.27)
(終了いたしました。ありがとうございました)

→申し込み締切が8月7日正午まで延長となりました。
http://jaep2013.saitec.biz/abstract/

●会員の皆様へ(所属等変更について)(2013.7.20)
6月上旬に発送した学会誌に変更届が同封されております。ご所属等に変更があり、届出をされていない方は変更届のご提出をお願いいたします。

●第21回大会(東京大会)演題募集・事前参加登録のご案内2 (2013.7.2)
(終了いたしました。ありがとうございました)

第21回大会(東京大会)の演題募集・事前参加登録のウエブサイトが開設されました。

●演題募集(終了しました)
http://jaep2013.saitec.biz/abstract/
オンライン申込締切:2013年7月29日 正午 必着
→申し込み締切が8月7日正午まで延長となりました。

●事前参加登録(終了しました)
http://jaep2013.saitec.biz/information/
オンライン申込:事前登録期限 2013年8月30日 正午まで。

●教育研修会久留米大会のご案内(2013.4.2)(終了しました)
→詳しい内容はこちらから
日時:2013年6月15日(土) 場所:のぞえ総合心療病院(福岡県久留米市藤山町1730)
第1部:病院見学会 のぞえ総合心療病院と関連施設
第2部:
◆特別講演 「力動精神医学回顧~ハルトマンの自我心理学とその限界~」
◆シンポジウム

●提言 神経性無食欲症(AN)治療の標準化(2013.3.15)
浜松医科大学精神科摂食障害クリニカルパス委員会から「神経性無食欲症(AN)治療の標準化」に関する提言がありました。

●3月は自殺対策強化月間です(2013.3.1)(終了しました)
3月は内閣府がすすめる「自殺対策強化月間」です。当学会はその啓発事業に賛同し、今年2月2日(土)に厚生労働省主催(共催:日本精神科救急学会)の「自殺未遂者ケア研修会」(精神科救急版)を実施致しました。また、当学会ホームページでは、内閣府の自殺対策ページへのリンクを貼り、啓発活動につとめております。つきましては、会員の皆様におかれましても、各所属機関ホームページに内閣府の自殺対策ページへのリンクを貼っていただくなど、活動の普及に努めていただくことをお願い申し上げます。
「平成24年度自殺対策強化月間特設ページ」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku
/kyoukagekkan/index-h24.html

【参考】 自殺総合対策大綱~ 誰もに追い込まれることのな社会実現を目指して~
【参考】月別の地域における自殺基礎資料
【参考】支援 情報検索サイト

●日本精神科救急学会認定医制度について(2013.2.5)
現在当学会で検討されている認定医制度は、精神科救急医療に関する優れた学識と高度の技能および倫理観を備えた臨床医を養成し、我が国の精神科救急サービスの均質化と質の向上を図ろうとするものです。 → 現時点での詳細を見る

●24年度学会賞が決まりました。(2013.1.29)
2012年度学会賞に「統合失調症に対するITを用いた再発予防法の検討」(小松 英樹(千葉大学医学部附属病院)他 )、奨励賞に「精神科救急病棟における心理教育の試みとその効果」(藤田 愛子(兵庫県立光風病院)他 )が決まりました。

●評議員資格に「3年に1度以上の学術総会出席」が追加されました。(2013.1.12)

2012年度学術総会で承認されました日本精神科救急学会評議員選出規定(案)では、2015年の役員改選時の評議員資格として、「3年間で1度以上学術総会に出席していること」となっております。

●第21回大会(東京大会)のウエブサイトが開設されました。(2013.1.12)

●NPO「心の架け橋いわて」のウエブサイトが開設されました。

●東日本大震災被災者支援「大槌町プロジェクト」第2期参加者、申込受付中
日本精神科救急学会では、米国日本人医師会およびニューヨークのJapan Societyからの資金援助により創設されたNPO「心の架け橋いわて(こころがけ)」の活動に参加するメンタルヘルス関連専門家を公募し、岩手県大槌町を中心として多岐にわたる支援活動を展開しています。現在精神科医、看護師、PSW、心理士など第I期10余名が、交代で毎週金、土に現地での支援活動を行っています。中長期的な被災地支援を継続していくため、この度、第II期(2013年(平成25年)4月から2014年3月)メンバーとして活動していただける方(精神科医、コメディカルスタッフ)を募集いたします。

●自殺未遂者ケア研修開催(終了しました)
平成25年2月2日(土)、大阪市(新大阪駅の近く)で自殺未遂者ケア研修(精神科救急版)が開催されます。初期対応から継続的な支援まで、臨床現場で役立つ自殺未遂者ケアのポイントを、ガイドラインに沿って学んでいいただくとともに、モデル症例のワークショップを通じてケアのあり方を実践的に修得していただく内容です。

●「内閣府自殺対策推進室」より自殺対策についての以下の内容の協力依頼がありました。(終了しました)
(省略)・・本年の自殺者数は、10月末時点の速報値で23,545人と対前年比で2,753人減少という状況ですが、今後、年末及び年度末に向けて自殺リスクの高まりが予想されるなど、依然として予断を許さない状況・・(省略)・・これまでも自殺対策に取り組んでいただいていることと存じますが、より一層の自殺対策の推進をお願いいたします。・・(省略)・・年末及び年度末に向けてより一層の自殺対策(包括的な生きる支援)の推進をお願いたします。
1. 新たな 自殺総合対策大綱 に基づく取組の推進
【参考】 自殺総合対策大綱~ 誰もに追い込まれることのな社会実現を目指して~
2.地域 の実情に応じた取組推進
【参考】月別の地域における自殺基礎資料
3.関係機等との連携・協働
【参考】支援 情報検索サイト

●「エキスパートの目」(ケースファイル:会員専用ページ内)に「アメリカから恋人を追って」を追加(2012年9月3日
執筆は千葉県精神科医療センタ-(医師)山中浩嗣 

●厚生労働省の「いじめで悩んでいるみなさんへのメッセージ」
(2012年7月25日日)

●23年度学会賞決定!!(2012年1月19日)
選考結果、3題が決定しました。なお、学会賞は今回該当演題がございませんでした。
→ 詳しくはこちら

●「エキスパートの目」(ケースファイル:会員専用ページ内)に「性的な内容を含む被害妄想」を追加(2012年1月5日
執筆は東京武蔵野病院(看護師:CNS)佐藤雅美

●厚生労働省主催「第3回自殺未遂者ケア研修会」のご案内(終了しました)
(共催:日本精神科救急学会/後援:社団法人日本精神神経学会)

●財団法人日本精神衛生会 シンポジウムのお知らせ(2011年12月19日)(終了しました)
「災害時のこころのケア」2012年1月14日(土曜)さいたま文学館にて(終了)